Japanize Destinies Distribution JDD 東亜学纂 (とうあがくさん)

Japanize Destinies Distribution 東亜学纂

『亜種記』『息恒循』『然修録』『後裔記』

一息 19【誰にも会いたくない? わかる。おれも、見れば羨み、聞けばカチン! 病んでたからな】少年、サギッチ

エスノキッズ 心の学問「自伝編」
令和2年5月16日(土)号。


一つ、息(いきを)つく。

今回の主題......テーマ。
無論。
正確には、「病んでいる」だ。

自問。
主題を過去形にしたのは、ツボネエに兄貴風を吹かせたかったから?

自答。
「YES」

男はみんな、偉そうにしたがる。
その割には、すぐに傷つく。

その点、女は強い。
いや、賢い。
そんな男の習慣的な性格をよく理解し、上手に操る。
これまさに、女の習性!

それは兎も角、ツボネエのことだ。
あの幼さで、ツボネエとは何だッ!
兄貴風なんて、可愛いもんだ。
あいつのは、姉貴台風だッ!

で、そのツボネエの後裔記。
https://www.akinan.net/entry/kou.18
誰にも会いたくない?
人が居るところに、行きたくない?
疲れる?
死にたくなるくらいに?

わかる。

どうもおれは、というかおれも、どうにもこうにも、ダメなんだ。

誰かを「いい人だなあ」って思うと、必ずその人から嫌われる。
でも、その人を嫌いになると、心が安まる。

自分の味方を探そうとすると、絶望で生きるのが嫌(いや)になる。
でも、自分の周りはみんな敵ばかりだと思うと、何だか生きていけそうな気がする。

そんな自分を、良いとも悪いとも思わない。
真実は、ただ一つ。
それが、現実だってことさ。

いつも誰かを、他人を羨(うらや)んでる。
そうさ。
スピアでさえ、例外じゃない。

スピアには、何でも相談できる兄貴分がいる。
おれには、いない。

あいつを見ていると、なんだか放っとけなくなる。
あいつは、なにか、そんな徳みたいなものを持ってる。
おれは、持ってない。

もっとも、おれを見て放っとけない、相談ごとを聴いてやろうなんて思うやつがいたとしたら、そいつはたぶん、妖怪か怨霊だ。
まともな人間は、おれを相手になんかしたがらない。
遠ざける。

「当然だ......」と、
最近、そう思えるようになってきた。

おれは、相手が爺(じい)さんだろうが幼児だろうが、犬だろうが木の枝だろうが、口から出た言葉やその相手の存在そのものまで、悉(ことごと)くすべてにカチンカチンきて闇雲に反撃する。

論になってないんで、反論にもならない。

さすがに反省して、最近はちょっと丸くなった......と、ここは言いたいろころだけど、本当のところは、何も変わらない。
変わらないどころか、今では、おれに近寄ってくる人間は、スピアのみとなった。

そうなってしまった今でも、おれのカチンカチン病は、治癒の兆しの欠片も見せない。
喋らない、動かない相手にカチンカチンきて、独りブツクサ文句を言う。

それを抑え込むこともやってはみたが、心の中でカッチンカッチンがふつふつと沸いて、独りイライラしてしまう。

挙げ句、心の中が怒りでパッツンパッツンになって、周りの物も関係も、どんどん壊れてゆく。

そして今日、事件は起きた。

いよいよ、引きこもりが確定しようかという大事な日だ。
もう幾日も、家から出ていない。
スピアが、やってきた。

あやつは、ずかずかと裏庭に回って、おれがいつも居る部屋の掃き出しの一枚窓を、トントントントンと忙しなく叩いた。

スピアの頭が二つ入りそうなくらいの、でっかいヘルメットを被っている。
なぜッ!

スピアが、言った。

「カチンカチンの出来損ないの半自動小銃めッ!

もう、おまえの日本遺産みたいな速射砲なんて恐くない ♪

おまえの船腹に秘めてる錆びついた砲弾を、遠慮なく撃ってこい!

いざッ! ヤーヤァ! 決戦だッ!」

おれは、言った。

「大丈夫かァ?」

スピアが、応えて言った。

「たぶん」

ひとまずは、モニターの前に二人肩を並べて、バーチャル源平合戦の決着に大努力した。

だが......今回も、決着つかず。

そして、いつものように、二人で質屋回りをしてタダ同然で手に入れた二本のアコースティックギターを、二人でただただ、ジャンジャカした。

スピアが、言った。

「今日は、ここで帰るわけにはいかない。

おまえの言い分、おまえ以外の世界中の人類全員が納得できないと思うし、おまえ以外の人類のほうが正しいことは、見えないくらい小さいノミの脳ミソで考えたって、すぐにわかる。

でもおまえは、ノミでもすぐに理解できることを、いくら何度説明されても、わからない。

ノミに負けるのは、仕方がない。
あいつらだって、一所懸命なんだ。

ノミの手を借りるくらいなら、まだぼくの手のほうがマシだろォ!

じゃあ、よく聴けッ!

あの、今日さァ、ぼく、忙しいんだ。
だから、言いたいことだけ言って、帰るね。

おなえのこと、もちろん匿名だけど、どんな病気なのかぜんぜんわからないから、いろんな人に訊いてみたんだ。

心配は、本当に要らない。
おまえの名前は、言ってないから。
ぼくの一人しかいない親友の事だとしか、言ってないから。

で、おまえの病気の正体は、こうだッ!

幕、開きまーす......手動 (^_^;)

おまえは、自分に自信がないから、ふわふわの綿(わた)が飛んできただけなのに、縫い針や裁ち鋏が飛んできたかのように勘違いしてしまうんだ。

自分の意見が否定されると、恨みの感情が、ふつふつと沸いてくる。

自分が正しいと思ってることを否定されると、怒りが込み上げてくる。

なぜか。

根拠のない無意味な劣等感さ。

心が弱い人間は、他人の個人的な愚痴でさえ、自分が否定された言葉のように耳に届く。

周りの人間、一人残らず、敵に思えてくる。

勝ち続けなければ、自分の命がない。

そんな人生、楽しい?

他人から無礼な言葉で闇雲に否定されると、自分の心を守るために反発抵抗する。

そこまでは防衛本能で仕方ないとしても、それが闘争心に発展すると、ただ意見交換をしてるだけだった相手が敵となって、終わりなき争いがはじまる。

おまえの人生、それで終わっていいの?

同じ人間がいないのと同じように、同じ意見を持った人間もいない。

そういう感じ方や、物の捉え方もあるんだなーあ。あーァ、そりゃそりゃ ♪ って思えばいいんだよ。

自分の考えは正しい、自分の行動は完全だみたいに、常に完璧であろうとするから、未熟なだけの些細な言葉尻の一つひとつに、いちいちカチンカチンくるんだ。

いいじゃん、不完全で。
だって、みんな 、そうなんだもん。
完璧な人間なんていないし、
みんな、完全な人間になんてなれないんだよ。

ぼく、今日、忙しいんだ。
薪を、集めに行くんだ。
これから。
谷川沿いに、登って行くんだ。
聞いてる?
今日、ぼくたち、忙しいよ。
あれ、おまえのだから」

そう言ってスピアは、庭に投げてある、お揃いの工事用ヘルメットを指差した。

あいつ、薪拾いを手伝ってほしくて、誘いにきたのか。

てか、それだけぇ?!


令和2年5月16日(土)号

一息 19【誰にも会いたくない? わかる。おれも、見れば羨み、聞けばカチン! 病んでたからな】少年、サギッチ

_/_/_/
生まれもった美質と武の心。
エスノキッズと呼ばれた少年少女たち。

エスノキッズ 心の学問「自伝編」
毎週土曜日、夜7時配信
『後裔記』... エスノキッズの日記
https://www.mag2.com/m/0001131415.html

エスノキッズ 心の学問「教学編」
毎週日曜日、朝7時配信
『然修録』... エスノキッズの学習帳
https://www.mag2.com/m/0001675353.html

ETHNOKIDS LEGENDS 武童伝説
『亜種記』『息恒循』『然修録』『後裔記』
陽明アドラー武童研
http://www.akinan.net
_/_/_/